FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンター兄弟

さて、海のむこうでは5月20日にシーズン9のファイナルを向かえるSUPERNATURALですが、日本ではこれから最後の追い込みエピ配信ですね。
トータルな方向性は色々錯綜してましたが、次のシーズンにむけてのフリはどんなになるのか(最近全然wikiチェックしてないので)1視聴者として楽しみです。
なんかもう何でもありだからSUPERNATURALってさ(笑)
時間も宗教も怪物も幽霊も何でもてんこ盛りにして兄弟&天使が活躍しちゃえばいいじゃん!とおおきな気持ちで楽しんでますよ。ここまで長くなるとどこが面白いとか説明しづらいんだよな~

あ!先日クラシックホラーの復刻版が色々出た中で、見たいもの(「The Haunting」(邦題:「たたり」)監督は「ウエスト・サイド物語」や「サウンド・オブ・ミュージック」で有名なロバート・ワイズ監督です。)を借りに行ったら貸し出し中(しょんぼり)
で、その棚に色々あまりみたことない古い映画や有名な映画が並んでいたのですが、
その中に「永遠のこどもたち」という2007年公開のスペイン映画がありまして
ちょっとジャケットに書いてある内容を観てみたら…

もしかしてシーズン2の11話禁じられた遊び(PLAYTHINGS)の元ネタになったんじゃないかしら?と思われるのですが…
気になるから今度借りてみようと思います。
大林宣彦監督の「ハウス」というカルト・ファンタジー・トラウマ・ホラー映画の元になったような正統派ホラー映画も復刻されていてアレも気になるなぁ

他にもたくさんみたことないのがあったんで色々借りてみたいけど、そんなにホラーマニアなわけではないのにまた独りホラー祭り開催になってしまうのかしら(爆)

ところでオマージュとパクリの境界線はどこまでなんでしょうねぇ。

ちょっと知人の作品が別ジャンルで一部参考にされている臭いがするんですが、これってグレーゾーンだもんなぁ
好きで影響を受けたら仕方ないと思うけど、ネタがないのであちこちパクるのは作品にも作者に対しても敬意がなくてがっかりしますよね。
愛があるかはみてると解るしね。
このひとコレ好きなんだな~(笑)みたいなのは、微笑ましいから許せるけど、ただもってきただけな感じは如何なものかと思います。物作る人としては。
まあ、限りなくグレーゾーンなので騒いでも仕方ないですけどね。
時代に合わせた(もしくは技術的な改善による)作品リメイクなどは盛んに行われているし、それによってこんな風に、まるでタイムマシンのように生まれてもいなかった頃の作品に触れられるのは嬉しいことだし、自分もこんな作品作ってみたい!と思うから次々と新しい作品が生まれるのだと思うけれど、今は量を作るために質が落ちてしまっている気がします。
もっと時間をかけて創るものがあっても良いんじゃないかな?
日本のエンタメ界は特に、ビッグマネーが現場には回ってこない。人がこのままじゃ育たない。
名前や過去の実績だけじゃなくて作品そのものの中身をちゃんと見られるユーザーが作品を選ばないとどんどんひどいことになっていくのが、とても心配です。

ああ、なんか脱線しちゃった
仕事終わったらまたエピの感想でも書きますね~♪
201404nekosd06.jpg


テーマ : 海外ドラマ(欧米) - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

palpal

Author:palpal
ときどきマンガ描いて暮らしてます。
映画や海外ドラマ
テレビも大好き
お気に入りは
SUPERNATURALです☆

ネコ兄弟を迎えて
念願のネコ飼いにもなりました♪
その名もサム&ディーンですww

マッタリと日々のこと等書いてます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。