FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぐや姫~観て来ました☆

もう12月に入ってしまいました(汗)
イベントに足を運んでくださった方、ありがとうございます。(え?今更?)
仕事抜け出しての一人参加だったのであまり回れなくて残念でした。

さてさて、ブログサボっていた間にもSUPERNATURAL S9は順調に進んで、今回もサムとディーンの少年時代のエピが入りましたね。甘酸っぱい!!(笑)でもやっぱり兄ばか(大笑&喜)ディーンはサムといるのが幸せなんだよ♪

おっと、タイトルと違う話題になってしまいました。
そう、合間に映画やお芝居なんかは観にいっていたわけです。
某日はジブリのドキュメンタリー「夢と狂気の王国」と「かぐや姫の物語」の2本立てで仕事場の人と行ったんですが‥‥

「夢と狂気の~」は監督が女性(「エンディングノート」を撮った砂田麻美さん)だったせいか、製作現場の淡々とした日常部分をやりすぎずにきちんと捉えていました。モノを作る現場って、地味~~~~な時間の方が長いんだよなぁ。鈴木敏夫さんの苦労も身につまされるというか…(苦笑)
うしこ(猫)が可愛かった☆
本当は映画の前に製作秘話とか裏話や原作本は観ない方が、作品を純粋に楽しめるんですけれど、今回のかぐや姫に関しては、このドキュメンタリーを先に観て正解でした。

で、高畑監督の作品ってやはり私にとってはトラウマ映画なんです。
「火垂るの墓」は辛い印象が強烈に残っているので一生見たくないです。
そして今回の「かぐや姫の物語」…

天上人が恐いのなんのって!
あ!未見の方の為に続きに書きますね。ネタバレNGな方はこの辺で。
☆☆☆☆☆

本当は高良健吾くんが声やってるので、まあ一度は劇場で観なくては!というのもあったんですが、意外とあの色っぽい囁きウィスパーボイスではなく(声の収録が2年くらい前ということもあったのでしょうが)
事前に知ってないと気づかないくらい「少年」で「好青年」な声を演じ分けていてビックリしました。

で、結局作品で一番強烈に残ったのが、あのマリブだかカリビアンだか解らないですが楽しい音楽を奏でながら浮かれ降りてきて姫を連れて行く「天上人」達の恐さなんですよ!!

姫がカワイそうとかそういうことじゃなくて、歌え!踊れ!楽しめ!楽しくないことは考えるな!と押し寄せて去っていく姿が、まるで今の日本の薄っぺらな消費経済優先の享楽主義のようで…。
決して戦争や争いはしないのですが、魂や文化を殺していくような恐ろしさを感じたのです。

ああ、SUPERNATURALでも同じようなことは描かれているかも。人間が喜びも愚かさも抱えながら、日々の季節や自然を感じ、生活という営みを必死に生きて死んでいく姿の尊さみたいなものをもう一度見直していくにはどうしたらいいんでしょうか?
今回の映画の前半では、そういう「あたり前の営み」の表現がとても丁寧に描かれていました。

日本の文化や、日本人の本来持っている奥ゆかしさや「人を思いやる心」は本来すばらしいと思います。
世界中がこの平和ボケした「思いやり民主主義」になったら、もう少し争い事は減るんでしょう。世界平和だって出来るかもしれません。
でも、あの天上人の群れを観て、オタク文化だの、ゲームだの、萌え萌え言いながら
「みんなも辛いこと考えるのやめましょうよ~」と
現実逃避ともいえる薄っぺらなエンタメが世界をこのまま巻き込んでしまったら…と思うと、とてつもなく恐ろしいことだわ……
なんてこと考えながらマンガかいてるのもなんだかなぁ(苦笑)

先日友人と行ったさだまさしさんのコンサートでさり気なく
「日本は貧しさや飢えから抜け出そうと、必死に豊かさを目指してきた。
物は豊かになった。でも…
これが僕たちが望んだ「平和」です。」    (正確な文言ではないですがこんな感じでした)

かぐや姫も同じ事を表している。
みんな少し立ち止まって考える時間を持ったほうがいいんじゃないかな?

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

タグ : かぐや姫

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

palpal

Author:palpal
ときどきマンガ描いて暮らしてます。
映画や海外ドラマ
テレビも大好き
お気に入りは
SUPERNATURALです☆

ネコ兄弟を迎えて
念願のネコ飼いにもなりました♪
その名もサム&ディーンですww

マッタリと日々のこと等書いてます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。